美白効果を得たい時は……。

化粧品に、どんな効果を求めていますか?

真っ先に気にするのは美白じゃないかと思います。これはもうお年頃な時からずーっとですよね。

でも化粧品に美白効果を求めようと思ったら、どうしても化学成分を盛り込まないと効果が出にくくなるのが実情です。

そもそも、化粧品に美白効果、というのは不自然なのです。


UVケアも肌にとっては大敵。化学成分たっぷり。

敏感肌さんにとってはしんどいのですね。


でも、食べ物だったらOKですよね。

口に入れるもので、いつも食べているものなら。


夏の野菜なら、UVケアの成分がたっぷりと詰まっています。

トマト、鮭などの赤い食べ物。リコピンです。

さらに、ブロッコリーなどのアンチエイジング効果も。

肌を生き生きと若返らせるには、化学成分を与えないことなのです。

そうして、自分の力で肌の再生を鍛えていく。

それしか、方法はないのです。


そのためには規則正しい生活と自分に合った睡眠時間、スマホを見る時間を短くする、運動をする、栄養たっぷりの食事を心がけるなど、美しい生活をした方が、心の安寧にも繋がるのです。

ストレスそのものが肌の大敵なのは皆さんもご存じのことでしょう。


全ては心に直結しています。


それでも、出てしまったシミをなんとかしたい……という方。

私もその中の一人です。


こういう時に美白効果のある美容液を追加……というのはお値段も高くなりますし、それなら一式を揃えた方が相乗効果を得られます。

ただし! 化学成分満載ですが。


私は、ビタミンCを摂取することを推奨しています。

勿論、食べ物からの摂取も良いですが、ちょっと効率が悪いのですね。

酸が強いので胃が激弱な方には不向きですが……、お薦めの薬品があります。(医薬品です、第三類医薬品)


それは岩城製薬のアスコルビン酸 原末です。錠剤もあるのですが、純粋なビタミンCを摂取するのに最適なのは粉末です。錠剤よりも胃に優しいです。



●効果・効能

・次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着

・次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血

「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、

医師、薬剤師又は歯科医師に相談すること。」

・次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、

老年期

●用法・用量

1日2回朝・夕の食後に服用してください。

年齢:成人(15歳以上)

1回量:1g

1日服用回数:2回

年齢:15歳未満の小児

1回量:服用させないこと

1日服用回数:服用させないこと


妊婦さんにも摂取した方が良いものです。むしろ推奨しているぐらいで、安全なお薬になります。

酸っぱいので、水に溶かしたり、冬ならホットレモン風にしてみたりと工夫をしてみてください。

ヨーグルトに混ぜるのも良いですよ。


私はこれで、美白効果を得ています。

おかげ様でこの化粧品だけできめの細かい、白いシルク肌を手に入れています。


肌に合うかどうか分からないので、お試しで……という方はミニボトルの方をご注文下さいませ。


また他にも悩みがある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

化学成分に頼らないアンチエイジングの方法を提供致します。



Lo-quotton

ビワの葉エキスを使ったアトピー肌や敏感肌にも安心して使える、低刺激な化粧水・クリームを販売しています。

0コメント

  • 1000 / 1000