会社経営するということ

私はまだ新米社長でありますが、会社経営をするにあたって心がけていることがあります。

健全な会社経営とは何か? をずっと考え続けることです。

人間慣れてしまうと、思考が鈍ります。

いつものことをやり続けるといつの間にか変化に追いつけなくなって、気が付いたらすでに手遅れということが多いからです。

常にアンテナを張っておき、社会の変化、人々の社会的心理の変化などをずっと観察していなければいけないと思っています。

今はまだ会社が小さいので私一人でもさばけますが、これから先、人を雇うことになります。

そうすると、雇用形態はどうしたらいいのか? を考えなければいけなくなります。

コストと利益のバランスを調整しなければ、健全な会社経営とは言えません。

お客様のニーズと従業員のニーズは常に一致しません。

そこをどうやって調整するかが、経営する側です。


化粧品をただ安くしているわけではありません。

きちっと労働対価も含まれていて、あの価格なのです。

いいものを長期的スパンに提供し続けたいと思ったら、原価+その他コスト+人件費+雑費で、会社の利益をプラスしたもので価格を決めています。

色んなコストを引いて、純利益が会社の利益となり、貯蓄出来るようになるのです。

勿論、社長の給料も、従業員の給料も差し引いて、です。

きちんと利益も得る。

これが会社経営の基本中の基本です。

それを忘れて、ただ安く売るだけでは、会社は傾きます。


それを考えると、私は未来の従業員の人生を預かっているんだなぁと思いました。

今はまだいませんが、未来の従業員はすでにいます。

彼らの人生を預かるためには、私がきちんと今から受け入れの体制を整えなければいけないのです。

そのためにもきちんと会社の利益も追求させていただきます。


写真は牛革の手帳です。アシュフォードの手帳で、A4サイズだと大きすぎるが、A4サイズ変形のちょうどいい感じの手帳を見つけて、しかも宇宙みたいな柄に一目惚れ。

マゼンダ色も気に入って、購入しました。

これで仕事がガンガン増えますね! 牛革は仕事運を司っていますから♪


Lo-quotton

ビワの葉エキスを使ったアトピー肌や敏感肌にも安心して使える、低刺激な化粧水・クリームを販売しています。

0コメント

  • 1000 / 1000